カレンダー
    07 ◇ 2017/08 ◇ 09

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

プロフィール

    魅月

    Author:魅月
    童話内でひっそりひっそり活動してます。
    海溝の奥深く、深海の底の底でこっそり生息しています。
    連盟は密かにヲタ臭くなってたりします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

何だかなぁ。

2007年12月12日[20:19:03]
またしても軽く、死にかけた。
いや~、何かさぁ、やってることが余りにも年寄りみたいでちょっと凹む。
あぁ、お年寄りがお風呂で亡くなったりするのって、こんな感じかって実体験しちゃった。
お風呂から上がろうとして立ち上がったとこで、やばいくらいの吐き気と眩暈がして、目の前が真っ暗になってさぁ。すぐに浴槽の淵に座ったのはいいけど、その次に覚えてるのは夢なのか何なのかよく分かんない光景。
あ~、何か気持ちいい~って思ってたら凄く鼻が痛くて。
その時ね、ほんとに何か幸せだったの。と言っても、胸が痛くなるような幸せ。それって、幸せなのか辛いのか、よく分かんないよね。(苦笑
けどね、何かもう、それでいいやぁって思えたの。もうこれでいいよって。
なのに、たった一言でふっと意識が戻って。
目を開けたら水中でした。(笑
あれ?何で潜ってんだろう、あたしって。
冷静に水中で、何してたんだろう?ってぼやーっと考えつつ、その光景を見てました。
んで、あ、鼻が痛いって思い出して、慌てて起き上がって。
でもやっぱり、暫く、何が起こってるのか理解できるまでにタイムラグが。
あ~、あたし、お風呂出ようとしてたのに、何で湯船の中に居るんだろうって思っちゃった。

昨日ね、夢でもその人に会ったの。
凄く久し振りに、みんなで一緒に。
んで、最後に言ってくれた言葉が凄く嬉しくて、もうほんとに号泣しちゃって。
その泣いてるので目が覚めて、夢なんだって自覚に哀しくなった。
今ここで、このまま死んでもいいって思えるくらい、嬉しかったんだ。
もう、思い残すことないやってくらい。そのくらい、嬉しかったの。
ずっと欲しかった言葉だったの。
ずっと待ってた言葉だったの。

そんなのがあったからかなぁ?
溺れてる中で何かとってもほわほわしたとこに居たんだけど、その人の声だけ聞こえてきた。
もうこのままでいいやってとこに、一言呼ばれただけで気がついちゃった。
まだ、大人しくはさせてもらえないのかなぁ。

スポンサーサイト

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

生き方、死に方

2007年10月26日[14:40:43]
予後治療、終末期医療ってさぁ、何をどうするのが正解なのかって誰が決めるんだろうね。
今クールから始まった医龍2と、夕方の再放送枠で始まった医龍を見ながら、色々考えることが。
半年以上経った今でも、あたしにはよく分かんない。
抗がん剤を投与する度に体力は落ちるだろうから、初回で一番強く入れないとって目一杯でいったのはいいけども、案の定、副作用で一気に体力の落ちたおとん。
何かね、見てるのが辛くてあんまり見舞いに行かなかったんだ。
昔から、ほんとに古いタイプの人で、家に居る時も居ない時も凄く威圧的な人だった。だからあたしは、家が嫌いだったんだけども。
そのおとんがさ、何か、見る影もなくて。
実家に入り浸っていた下のお子は、今でも車で出かけていると「あ、ここ、おじぃじと来たんよ~」とか「おじぃじに、○○に連れてってもらったんで~」とかって色々言う。
お子ら二人揃うともう収集がつかないけども、一人一人だと案外大人しく言うことをきく。なので、お子らが一人だとおとんも結構連れ出してくれてたみたいで。多分、おとんと一番出かけてるのは間違いなく下のお子だと。
そんなおとんが口にした、ささやかで切実な願い。
「あと10年は生きたい」
釣りが好きで、模型作りが好きだったおとんは、同じように工作の好きな上のお子ともよく気があってた。夏休みの宿題とか、お子よりもおとんが楽しんでんだろうってくらいに一緒になってやってて。宿題は1つでいいのに、何故か2つ3つ出来上がってんの。牛乳パックから作ったおみくじなんて、凄く精巧に8角形をとって、ちゃんとアクリル絵の具で彩色してて。
あたしが夜に実家に行くと「これ見てみぃ。巧く出来とるじゃろ」と凄く自慢げに見せたおとん。お子らの夏休みの宿題作るのが目的じゃなかったのかと。お子とわいわい言いながら作る工作が、思いの外楽しかったらしい。
もうちょっと大きくなったら、一緒に釣りに連れてってやるなって言っておきながら、結局一度も行けないままで。
「おじぃじと釣りに行きたかったのにな」
って、ぽつりと漏らしたお子。
仕事で関係のあった社長面子と、よく船釣りに行ってたおとん。
いつもでっかい鯛とかチヌとかメバルとか釣ってきて、捌くの大変だったもんなぁ。昔からおとんの釣ってきた天然の、それもおっきなメバルとかに慣れてたあたしは、結婚して自分で魚とか買うようになってから、メバルの高さにびっくりした。そんなにするのっ?!って。それも、ちっこいのに。
もっとさ、いい方法があったんじゃないのかなぁって。
もっと楽にさせてあげる方法、もっとおとんの望む方法、もっとあたしにできたこと。もっともっと他にあったんじゃないのかなぁって。
何がほんとに、おとんの望むことだったんだろう。
ばあちゃんの時にしてもそうだったんだけどさぁ、おとんにしても、あたしはほんとにちゃんと気持ちに添うように出来てたのかなぁって。
もっと他に、気持ちを汲んであげることが出来たんじゃないのかなぁって。
だめだよなぁ。
何でもっと、人の気持ちを汲んであげられないんだろう。
何でもっと、人の気持ちを推し量れないんだろう。

生きてる以上さぁ、死ぬってこととは絶対に関わらない訳にはいかないじゃん。それは、他人でも当人でも。
でもさ、若い頃って分かんないんだよね、それが。
いつかはみんな死ぬとしてもさ、余りに漠然としすぎててぼんやりとしか見えないって言うか。
けど、違うんだよね、ほんとは。
見えてないだけで、いつでもすぐそこにあるんだよね。
意外にすぐ近くに、簡単にある「死」って現実。
それがちゃんと、実感できる距離にあるかどうかってだけなんだよね。
はっきり見えたところでさぁ、事の大きさに、案外ついてけなかったりするんだけどね。
何か突然、おっきな穴に、とんって突き落とされたような感じって言うか。

てかさぁ、普通の人はCCUなんて知らないよねぇ。ICUは分かるとして。あたしも自分が入るまで知らなかったもん~。
とりあえず、カテ手術が終わった後、先生がCCUに入れてって言うてて一杯だったから空くまでICUでとか言うてるのを聞いて、何だ?それって思いつつ、そのまま運ばれたんだけどな~。
翌日、丁度その日から新しい病棟でCCUも新しくなったとこに移されたんだけどっ。めっさ広くて、めっさ綺麗なとこでした。全個室だしっ。けど、前面はいつでも開閉できるのな。でっかい機材もいつでも出し入れできるように。モニターも部屋に3つついてて、全部テレビとかDVDにも切り替え可能で。優雅にテレビ観賞できますっ。
「見たいテレビある~?」って看護士さんの言葉に、何やってんのか分かんないって答えると、じゃぁ適当につけておくね~って。CCUって、こんなにまったりしてるとこなんですか?ってつい聞いてしまった。
本人凄く安気に構えてたんだけども、後日検査とかで会う先生ごとに、あの日緊急連絡回ってきて、休みだったけど自宅待機でいつでも出られるようにって連絡きてたからねぇって言われた。
助かったあたしと、ダメだったおとん。
それがよかったのかどうか、正直あたしには分かんないけども。
モニターのアラーム聞きながら、もうダメなんかなぁとか、あっけない終わりなんやなぁとかぼんやり思ったり、屋上に出られるようになって一人で流れについてけなくて泣けてきたり。
拡張型に移行することがあるから、って言われて、拡張型って何だよって思いつつ説明聞いてたり。
精一杯生きるって、何だろうね。
あの時死ななかったってのは、まだあたしには死ねない何かがあるんだろうと。
何か遣り残してることがあるんだろうけど、それが何なのか、あたしにはまだ分かんない。
人って、死ぬまでに絶対1つはいい事しなきゃなんないんだって。
ちゃんと1つは、人のためになる事しないとあかんって。
死ねなかったってことは、あたしまだそれ出来てないんだな。
あたしのやらなきゃならないことって、何だろう。
あたしが誰かのために何かできることって、何だろう。
居ないことが、関わらないことが一番なんじゃないんだろうかって思うんだけど。
そんなあたしでも、誰かの役に立つことって、あんのかなぁ。


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

取り留めのない独り言

2007年10月23日[18:23:35]
あんたって、何かあるとほんとにびっくりするくらい自暴自棄になるって言うか、あっさり自分のこと投げるよね。普通の人はもっと、自分のことに執着するのに。
って、お言葉を。
深く考えたこともなかったってか、そうなのかなぁ。
「自分のことに頓着しない」てのは、確かに何度か言われてきたけど。
でも、そうかなぁ。かなり執着も頓着もしてると思うけど。
ただ、人よりおかしい度合いなのは、ちょっと自覚があるかも。
オンオフが激しいあたしは、もういいやって思うととことんどうでもよくなるってか、考えなくなるのは何となく分かる。
考えなしの行動だって言われればそれまでだけども。
考えてない訳じゃないんだけどね。
考えて考えて、考えた挙句に、もう考えることを一切やめちゃっただけで。
そうなると、全部が投げやりになるのがよく分かってるだけに、限界までは踏み止まってるはずなんだけど。
1つでもたかが外れると、もうそこから雪崩のように全部が崩れる。
あかんのやろなぁと思いつつ、あかんって分かってるから限界まで踏み止まるんだけど。
過去に何度がそれをやらかして、その度にえらいことを引き起こしてるから、多少の自覚はある。
昔々の若気の至りもそうやし、おかんが危篤になった時もそうやし、数年前のもそうやし。
おかんが危篤になった時に知り合ったのが、元の旦那やった。
まぁ、女の子が少なかったバイト先で、あたしは旦那の存在を知るはずもなく。でも、あっちはあたしを知ってて。
バイト先は毎年お花見の時期と忘年会の時期、みんなで集まって飲み会がある。
丁度お花見の1週間前におかんが倒れて危篤になったあたしは、バイト先が入院先に近かったこともあって、どうせ家に居ても落ち着かないからって毎日バイトに出てて。それを心配してくれたバイト先の人が、気晴らしになるかもしれんからおいでって誘ってくれて。
その飲み会後に、何だか訳分かんない状態で半ば騙されたように連れ出されたのが、元の旦那だ。
あ~、よろしくない展開だなぁと思いつつ、何かもうどうでもいいやって、ついついてった馬鹿はあたしですがっ。
その後、とある事情で大問題になったのは内緒だ。

考えて考えて、頭の中も何もかもがそれで一杯になって、何処かで息抜きすればいいのにって言われるけども、どうしていいのか分かんないのな。
何処をどう緩めればいいのか分かんなくて、一杯一杯になると、もう要らないーってなる。
それについてだけでなくて、もう全部要らないって、全部考えたくないって、何もかも、全部関わりたくないって。
色んなこと全部が、目にも頭にも入らなくなる。入らないってか、素通りってか。
もう、何でもいいよって。

色んなことを溜め込むあたしにとって、言葉にするなり文章にするなりして外に出すことって凄く重要で。
自分で、ちゃんと自分の中で解決して納得しないことには先に進まないあたしにとって、誰に何を言われようとされようと何も変わらないのね。
だから、一杯になった色んなことを外に出すのって重要なの。
みんな履き違えるのは、何も出来ないからって。
違うのに。
何をどうしてもらいたい訳でもないのに。
ただ、そこに居て聞いてくれるだけでいいのに。
ほっといてないから、ちゃんと居るからってだけで、あたしは頑張れるのに。
あたしにとっては、聞いてくれることが、一番凄いことなのに。
それをするなって言われるのはさ、もう全部抱え込めってのと同じなのに。
「自己攻撃するから、とにかく愚痴でも何でもいいから書け」って、よく見てんなぁって思った。
「どうせあそこに書いてること、あれでも表面面でしかないでしょ」って、流石だなぁって。
ほら、人が夢で色んなことを解消したり昇華したりしてんのと同じなんだろうね。
言葉にして幾らかでも誤魔化してないと、取り繕えなくなってるから。
晒せられる、最大限の譲歩。
「前と同じ状態になってない?」
さらっと突いてくるよね。
なってないから、大丈夫だよ。
かなり危うい均衡にあるかもだけど。(笑
ちゃんと踏み止まってるって。


今日ね、運転してて、思い出しちゃった。
夕方の帰り道運転してて、再放送の美女か野獣が最終回だったのね。ほら、福山と松嶋が出てたあのドラマ。
「お前は自慢の娘だ」
って台詞で泣いたっ。
最終回で父親の汚職を報道しに行った娘に、真実を認めた後に言った台詞。確か、当時も泣いたような気が。
丁度さ、そのシーンをやってた時に通ってた道も場所も、おとんが死んだあの日、泣きながら運転してた場所で。
あたしきっと、お世辞でもそんなこと思ってもらえなかったやろなぁって。
あの日、おとんが戻ってきて寝させる布団だとか、おとんの兄弟とか親戚の人らのご飯だとかビールだとかの買出しで一足先に戻ることになったあたしは、運転しながら大泣きした。それはもう、ほんとに声出して大泣きしたってくらいに。
怖かったのね、凄く。
朝一で受けた電話に、ある程度の覚悟はあったものの、行きも怖かったけども帰りはもっと怖かったの。
病室で段々と体温のなくなっていくおとんも触ったし、もう喋らないおとんも動かないおとんも見たはずだけど、それでもまだ、何処か実感できないってか認めたくないってか。
実家に戻って、色んな準備とか段取りしなきゃいけないんだって分かってる半面で、何かそれをしてしまうとおとんが死んだってのを認めなきゃならないようで。
車の中で他に誰も居なくなったら、突然何か怖くて。
その時の気持ちも光景も、色んなものを思い出して、帰りの車の中で泣きながら運転してました。
きっと、泣けたのはそれだけじゃないんだろうけど。
「紹介もせずにいきなりか」
って昔あったよねぇ。
それね、違うのよ。
今まで、紹介してもいいってほどの人、いなかったもの。
ちゃんと親に紹介して、ちゃんと先を考えてって人と、考えてみれば付き合ったことってなかったのかも。
あたし自身、まだそこまで考えたこともなかったし。
ほんと、不肖の娘だったよね。


この時期さ、窓を開けるとふわっと香ってくる匂い。
あたしね、凄く好きなんだ。
子供の頃から毎年当たり前にあった匂い。
花の匂いって甘いしきついし、あたしは余り好きじゃない。でも、この匂いだけは別なの。毎年楽しみで。
うちの庭には、昔から色んな木が植えられてる。
盆栽とか色々多趣味だった祖父は、とにかく庭やら裏やらに色んなものを植えてたし育ててたし。
ちっさい頃には、裏に枇杷とか無花果とかもあったし、表にはみかんもあったし石榴もあった。
色んな花も植えてたしさぁ。
そんな中で、あたしの一番のお気に入りは金木犀。
毎年秋になるとちっさなオレンジ色の花が沢山咲いて、そこら辺中がふわっとその匂いで一杯になってて。
祖父が死んでから誰も手入れする人がいなくなった庭は、木が育ち放題で。
今年裏の離れを倒す時に、この金木犀も切るかって話がでた。
月桂樹はすぐにおっきくなるからいいとして、桜も毛虫がつくからいいとして、柿もどっちでもいいからいいとして、金木犀だけはダメーってかなり強固に反対。
だからって、あたしが手入れする訳でもないんだけども‥。てか、2階の高さくらいになってるこの木を、あたしにどうしろと。
反対側の金柑の木も、かなり凄いことになってますが。もう、上のほうの実なんて、誰も取れないだろうって高さじゃん。
今年の金木犀も、もうそろそろ終わりそうです。
木の下に沢山のオレンジの花が落ちてて、オレンジ色の絨毯敷いたようになってます。
でも、窓を開けた時のふわっと香るあの匂いは、やっぱり落ち着く。幼稚園とか小学校の頃、毎年学校に持ってってたもんなぁ。
金木犀の終わりと共に、季節も秋から冬にちょっとずつ変わっていきそうです。
朝晩の気温が、もう涼しいなんていえないくらいの温度に。でも、日中はまだ暑いんだけどなぁ。
また、あたしの嫌いな時期が近づいてくるんだなぁ。
今年は、嫌いになった元凶の人が居ない状態で迎える、初めての時期だけど。
何か、凄く複雑だ。

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

冷たい

2007年10月22日[01:43:49]
毎年のことなんだけどもさ、一気に寒くなったこの頃、恒例のことが。
もうね、手がかじかむ‥。
指先は痛いし、足の指も痛いし。
既にここんとこ、キーボード打つのも辛いくらいに。
もうさぁ、指が動きませんっ。
思わず、自分の手を触ってみて、半年ちょっと前に触ったおとんの手と同じだ~って思ったり。
訳あって葬儀を数日遅らせたために、大量のドライアイスで冷やされてたおとんの身体。その頬も手も、凄く冷たくて。
でも触った時に、あ、あたしの手と同じだって自覚した。(笑
そら、死人の手ーって言われるわなぁって。
もうこの時期から、自力で布団を暖めるのが不可能になった。
ので。
あたしが寝るまでお子らに布団をあっためさせると。
寝る時に、お子らを所定の位置に戻らせる。
けーど、これには1つ問題が。
足元があったかくなってなーいっ。
一番肝心なのは、そこなのにっ。
いつも布団に入っても、足が痛くて寝られない。
お陰で、あ、眠いかもって思って布団に入っても、結局そこで目が冴える。堂々巡りです。
昨日、手が冷たいのと足が冷たいので、上のお子の首やら背中やら触ってたら、やめてやーって嫌がられた‥。(泣
各言う今も、手足に温度がありませんっ。冷たいを通り越して、痛い‥。
室温、まだ20度以上もあるのに‥。
今年もまた、手が痛いーって言う時季になったのかと。
毎年言われてたものなぁ、あたしが言う度に。
ここから半年、毎日が手足の冷えとの戦いです。
手足だけじゃないのは、言わずもがなだけどなっ。身体中のいたるとこに、体温が感じられないらしい。(笑
膝の後ろはあったかいんだよっ!
だから、足曲げて丸まって寝るようになったのだと‥。
毎晩、布団に入ってからも戦いです。(笑

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

トラウマ

2007年10月19日[02:56:08]
何でこんな時間にこんな番組やるかなぁ。
つい、そのままつけてたテレビで見てしまった。
DVで逃げてきた人らが入ってる母子寮のドキュメンタリ。
何だかなぁ‥。
見てると、何て表現していいのか分かんない気持ちになる。涙が止まらない。
毎日毎日自分を否定される辛さなんてさ、実際体験してみないと分かんないよね。
何やっても、どれだけやっても、どんなことしても、それでも待ってるのは否定の言葉で。
殺すか殺されるかしかないのかなぁって、究極の精神状態って凄くよく分かる。
あたしも、そう思ったもん。
何でこんなことになったんだろうとか、何があかんかったんやろうとかって、毎日思ってた。
もう逃げ出したいっていつも思ってたし、誰か助けてっていつも思ってた。
けど、目の前のお子らをほっとく訳にもいかなくて、そのお子らも言うこときいてくれなくて、もうほんとにどうしていいのか分かんなくて。
気付いたら包丁持ってたこともあったし、お子らの首に手をやったとこもあった。
昼間は昼間で何にもする気になれなくて、夜は夜で、あぁ帰ってくるんだって思ったらもう落ち着かないのな。
今でも、思い出すと吐き気が止まらなくなるくらいに。

今も昔もさ、普通に見かける家族連れが、凄く羨ましかった。
普通、って、凄いことだよね。
普通に毎日みんなで晩御飯食べて、普通にみんなで休みの日とかに出かけたり。
子供が出来たこと、一緒に喜んでくれる人。
子供が生まれて、一緒に喜んでくれる人。
どんなことが普通なのかよく分かんないけどさ、何か、当たり前に目にしてることが、あたしには分かんない。
普通の家庭って、どんなだろうって。
普通の夫婦生活って、どんなだろうって。
みんなで誕生日祝うとかさ、みんなでクリスマスやるとかさぁ、みんなで初詣行くとかさ。
憧れはあるの。
あるけども、でも、怖い。
一番身近だと思ってた人から向けられた、あの真正面からの殺意にも似た敵意。あれってね、きっと体験した人にしか分かんない怖さだよね。
今でもあの時の旦那の目が、顔が、表情が忘れられない。頭から離れない。たまに、フラッシュバックしてくることがある。振り上げられた拳と、その顔と。全部1セットになって、頭から離れない。
そりゃさ、そんな喧嘩をしたことがない訳じゃない。けど、相手が違うじゃない。自分の相方相手にそれやるのって、やっぱり尋常じゃないと思うわよ。
ほんとに心から安心できる場所が欲しいって思うのと同じくらいに、強烈に残る怖さ。
憧れや願望が強ければ強いほど、それに比例して大きくなるのな。
名前見るだけで、声聞くだけで吐くことが止まらなくなったあの頃。
当時よりは幾分マシにはなったものの、それでもやっぱり、思い出すとダメ。
あの辺を通ると、偶然でも会ったりしないかなぁって、怖くて周りを確認してしまう。運転しててもすれ違ったりしないかなぁって、きょろきょろしてしまう。吐き気がして、怖くて、息が詰まる感じ。怖さとか嫌悪とか、色んな感情が入り混じってよく分からないけども凄く嫌で落ち着かない感じ。


あーあ。
また、寝そびれたじゃん。

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

最近

2007年10月15日[19:45:17]
熱のせいなのかどうなのか、夢見が悪い。
まぁ、いつもっちゃいつもなんだけども。
車ごと川に落ちて沈んでしまって、どうやっても逃げ出せないとかさぁ。何か、冷静に「あ、落ちてる」って見てる自分と、必死でどうにかしようってもがく自分と。落ちるまでの時間って、案外あるんだなぁとか思ったり。息が出来なくて苦しくて、でもその反面、ここの水飲みたくない~とか思ってたり。車にはあたし一人しかいなくて、助けてって叫んでも水中で叫べるはずもなく。呼んでるんだけどね。
何でここんとこ、どうしようもなく殺されたり死んじゃったりする夢とかばっかなんだ‥。どの夢でも共通してるのは、「どうしようもない」ってことばかり。お子によく、「お母さん最近、寝言で泣いたり怒ったり苦しんだりばっかりだね」って言われるくらいに‥。
後は、目標が何かあって、それを手に入れようとか到達しようとか必死でやってて、それが達成される直前に消えてなくなるとか。後ちょっとなのに、って、でもそのちょっとがどうにもできずにいつも口惜しくて。
寝て起きて、起きて寝てってのを短いサイクルで繰り返すから、こんな夢を一晩に何度も見ては目が覚める。
なぁんかもう、寝てても起きててもしんどいのは一緒じゃ~ん。
相変わらずみんな、てんでで好き勝手なことばっか言うしやるし。知らないよ、もう。

「お母さんを泣かせたり苦しめたりする人から、僕がお母さんを守ってあげるからな」って言うお子に、「あぁ、信用しない」とばっさり。
「え~、何でーっ」の言葉に、もうそれ以上続けたくなかったの。
いつか聞いたその言葉、もう絶対そんな言葉信用しない。
信頼してた後に突きつけられた「救済者じゃない」の言葉。
凄く、痛かった。
今までのこと全部、さくっと否定されたってか、切り捨てられたって言うか。
これまでの時間も関係も、全部なかったことにされたみたいで。
言葉も何もかも、全部をなかったことだと。あたしの夢だったのかなぁって思えたくらいに。
きっと、凄く幸せな夢だったんだろうね。
初めて、家族になりたいって思った人。付き合いたいとか一緒に居たいってとこじゃなく、家族って形で一緒に居たいって思えた人。
この人と一緒に歩いていけて、この人と一緒に過ごしていけて、ずっと一緒に歳をとっていきたいって思った人。
要らないって言われちゃったら、それまでだけど。
また、っていつだよ。
もう少しって、どのくらいのことよ。
何言うてんのか、さっぱり分かんない。分かんないことだらけで、何を信じて待つのかも分かんない。
やっぱり自分でどうにかするしかないんだと、一人でやるしかないんだと。
もういいや。誰も頼らなくても。誰も受け入れなくても。



せめて夢の中くらい、寛がせてくれてもいいじゃない。
せめて夢くらい、望み通りに見させてよ。
せめて夢くらい


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

何かもう‥

2007年10月13日[04:11:39]
何でこんな時に、ここまでややこしくなるのかなぁ。
今日はもう、昼からずっと寒気が治まらなくて、夜には更に酷くなるしさぁ。
そんな中、考えるのも話すのもしんどいからってふらふらしてたら、まるで狙ったかのように‥。
何でこんな時にヘルプのお誘いなんだろう。
まぁ、かなりシビアな動きが要求されるとこでもないからいいとして‥。
半分ぼーっとしながら、ついてった。
いやまぁ、ここまでは大して問題じゃなかったのよ。
この後、姉さん手伝ってーって声に手伝いに行って、いい加減限界を感じて落ちようとしたその時だよっ。
あーあ‥。
今日、インしてないから安心してたのに‥。
渦中の彼女がメールを送った人がインしてきた‥。
時間にして、2時半。
もう時間が時間なだけに、かなりの危険度が‥。絶対いいことにはならんだろうにっ。
動きもなければ、何かリアクションがある訳でもなく。
あ~、絶対よろしくない事態だわ‥と思いつつ。
案の定、めさめさ怒ってらっしゃいました。
もうさぁ、何であたしが怒られるのよ~。とばっちりじゃん~。
しかも、うちのギルドのごたごたでもないのに‥。
もう、知らねぇよっ。
ぐったりです。
寒気もするし、目頭熱いし、頭痛いし、関節痛いしっ。
みんな好きなことばっか言うなら、勝手にしやがれーっ。


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

むぅ‥

2007年10月12日[15:10:03]
だらだら続く微熱に、流石に疲れた‥。
今回、鼻とくしゃみが止まらないから、完璧に風邪だと思うんだけど~。一度やらかしてるあたしとしては、この中途半端な風邪が一番怖い訳で。もう、それならそれでいいんじゃないのかとも思いつつ。
微熱がだらだらって、嫌いだーっ。
てか。
あたしの定位置に赤い血の様な染みを見つけて、誰だよ、勝手にここに座って汚したのはっ。って思ってたのな。
数時間後、自分の足を見てびっくりした。
くるぶしのとこが、真っ赤ですがっ。(笑
いや~さぁ、ほんとに全く分かんなかった。
痛みもなければ、出血するようなことがあった記憶もない。原因は結局、謎のままです。

さてさて。
暇だな~って思いつつふらふら飛んでると、白チャで黄昏1-2の募集が。野良はあんまり嬉しくないんだけども、そこで出る素材が後1つで法器が作れるしな~って思って、つい応募。
メンバーのレベル見ると、みんな高いっ!軒並み80以上じゃん。
でも、肝心の獣がいません。
待った挙句にきたのは、66の獣さん。
他が軒並み80の中、盾が66‥。かなり不安だ。
案の定、途中かなりのトラブル続出っ。
てか、途中は殆ど80以上の某中小ギルドの方々がやらかしてくれたんだけどなっ。転がる玉で、死者続出。それを蘇生に向かったあたしや、待ってた戦士さんまで死亡。もうさ、かなり不安だ‥。
問題の聖金甲やる時なんて、妖精さんはいつも虎が釣ってるって言うし、虎さんは妖精が釣ってるって言うしで、あぁまたしても嫌な予感‥と。
案の定、戦闘始まってからも位置取り固定が中々できずに逃げ回るわ走り回るわで、その間、範囲が飛びまくって後衛もかなり危険な状態に。何度フェザー発動させて、何度死んだか‥。
雑魚召還しだした頃に、漸く位置が落ち着いたらしく。
けどね。
そこまでかなりの混乱っぷりだった状況に、あたしはつい、雑魚湧くのを忘れてた‥。
引っ掛けちゃいましたっ。
だって、獣さぁ、反対側に向けろって何度も言われてんのにこっちに向かって逃げてくんだもんっ!
そら、あちこち逃げ回るさっ。
お祭りになった戦場は、さくっと壊滅しましたさ。
まぁ、何とか倒せて蛇もいけたけどな‥。
鉄屑2つに皮1つ。
半分の確率ですが、そんな気まずい時に限って当たるわなぁ。悪いので、10万ずつ渡しておきました。

その黄昏のカオス状態の中、いきなりのピンク色の文字っ。
「姉さん、暇だーっ!」
いや、知らんがな。(笑
勿論反応なんてしてるような余裕はなくてほっといたんだけども、定期的に入ってくる。
これは、例の渦中の彼女。
とりあえず全部終わってから、黄昏中だったと返事をしてみる。
あのさ、あんたも精霊なんだから、分かれ、と。
その後、龍とクリップしながら雑談を。
もう、きっと言うのはこのタイミングだろうとあたしが聞いたこと、思ったことをストレートに彼女に伝えてみる。
延々と話して時間ももう3時を過ぎた頃、知り合いがインしてきたなぁって思ってるといきなりのピンクの文字。
「暇だーっ!」
もうさ‥。(笑
あたしは暇つぶしの相手かーっ!!
現状、83精霊、79精霊、71精霊の三人。
D連れてけーって言われてもさぁ‥。
したら、彼女がサブの妖精出してくる~って言い出して、残りのメンツは野良募集することに。
82の戦士さんがきたのはいいけどさぁ、もう既に、かなり適正オーバーじゃん‥とか。
行くのは69Dじゃなかったのかーっ。(笑
まぁ、黒さんに任せておけば、あたしもかなり安心なので、今回もどうにかしてくれるんだろうと‥。
しかも、最終的に来たのは68の獣。
現地についてから見ると、某花の名前の入った、あのセカチャ募集のかなり痛いギルド‥。あ、またしても嫌な予感‥。
案の定、人型だしっ!
80オーバーの戦士と妖精から、人型獣がタゲ取れるはずもなく、タゲがあっちこっちするもんだから、もう回復大変。
「獣さん、虎になる方がタゲが安定しない?」の言葉に返ってきたのは「だってスキル使わないとタゲとれないもん」
・・・・・・。
えーっと‥。
何処から突っ込めばいい?
裏で黒さんから、初っ端からピンクの文字が飛んできてたのは言うまでもない。(笑
あたし、相方の精霊が黒さんじゃなかったら、帰ってました。
もう、牛も馬も絶対無理だろって二人して思ってた。
予想を裏切ることなく、馬で一度獣が死んだけどなっ。あの時、速攻で黒さんが逃げたのをあたしは見たっ!(笑
どうしようって思ったんだけど、戦士さんがまだやってたのでそれをほっといて逃げるってのがどうしてもできなくて回復続けてたあたしに、黒さんも目一杯の回復。
何とか安定してきたとこで、獣の蘇生。
いっそこのままにしておくか、とか思ったのは内緒ですが。
危ない場面はありつつ、何とか無事退治。
まぁ、難しいのは馬の方なので、馬ができたら牛はどうにかできるかしらとか思ったのが甘かったよなぁ‥。
途中、渦中の彼女が前に出すぎて2度連続で即死食らったのは‥。
あんた、何度もきてるだろうに‥。
これはもう、蘇生してる余裕もなくてそのまま寝ててもらいました。

道中、何度も黒さんとピンクの文字が飛び交ってたけどなっ。
だってさぁ、獣がドロップがどうだった、拾った兜のOPがよかった、鋳具は出るかなぁとかずっと言うてんのな。
鋳具とかOP気にする前に、自分のヘイトスキルを気にしろよっ!って裏で怒りつつ。虎の癖にボス以外虎にならないわ、ボスでもスキル余り使わないから戦士だの妖精だのにタゲ飛び捲くりだしさぁ。
あんた、虎の役割ちゃんと分かってんのか?と。
そりゃこのギルド、領土出ても勝てないわ。(笑

何か、野良の獣に振り回された一日でした。
おかげで余計に疲れた‥。
しんどーいっ。


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

何だかなぁ‥

2007年10月10日[04:36:37]
相変わらず、他所のごたごたに関わってる毎日です。
しかも、今回は本格的だ。
昨日から、何か動きが変だなぁと思ってたら、夜中過ぎにささがきた。
遂に内部分裂したのかと。
したら、もうギルマス含め数人が抜けてるし。
まぁ、事の顛末を聞けば、言い分はもっともだし気持ちも分かるけどさぁ‥。
その話をしてる最中に、渦中の人からもささで泣きつかれるしさぁ‥。外部のあたしにどうしろと‥。
フレのギルマスさんは、もう怒っちゃってるから聞く耳持たないしさぁ。そりゃ確かに、彼女がおかしいし悪いんだけどな。でもなぁ‥、だからって、幾ら前々から思ってたって言ってもさぁ、ずっと友達でやってきてたならもうちょっとどうにかならなかったのかなぁとか。
何だかなぁ‥。
当の本人の彼女からは、無視されてるのが哀しいって泣きつかれるしさ。とりなそうとしても、ギルマスさんはもう知らないって言うてるし。
難しいよなぁ、人間関係って。
「盾と面倒ごとを押し付けるためにしか、使われてなかったんだから」って吐き捨てるように言ったその口ぶりから、かなり怒ってんだろうけどさ。まぁ、その使い方は何となく外目に見ててもそう見えたけどさぁ。
おもーい会話が繰り広げられてる時、あたしはオークを覗いてたんですが、その最中、別のお友達もやってきて。彼女のプレゼントの靴を狙ってる~って話で、ちょっと和んだり。この精霊さん、立ち回りが巧いので一緒に行かせてもらえると、かなり楽。楽やし勉強にもなるから、一緒に連れてってもらうのは楽しいんだ~。渦中の彼女と一緒に行くと、とにかく陣張りまくりでもう大変。対処が後手後手なのな。
「彼女にこの靴が欲しい~って言われて、それを落とそうとしてる」って言う彼に、「あたしには~?」って言うと、「はぁ?」の一言。酷い。(笑
「靴とかなんて贅沢なこと言わないから、鋳具でいいから~」って言うあたしに、冷たく一言「どうぞ?」って。いや、それ、プレゼントじゃないし‥。(泣
いいよもう、頑張って出るまで通うからっ。つっても、一人じゃ行けないから、連れてけーっ。

おも~い話に疲れて、月曜にあったコナンのかなり前の映画を録画してたのを見る。
これさぁ、7年前のなのね。
白鳥警部が井上さんじゃないっ。
懐かしの塩沢さんの声でした。
声は井上さんの声があたしの中で一番なんだけど、塩沢さんって、あたし好きだったなぁ。何かこう、落ち着くってか演技巧かったよね、この人凄く。味のあるってか、凄く存在感のある声で。
それと共に、ふと思い出してしまって、哀しくなった。
なぁ~んだかなぁ。

はぁ~~~~。
そして、そのフレのギルマスさんたちが行った先のギルドがまた、あたしのフレのとこ。
いっそ、あたしも混ぜてくれ。(笑


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

羽化?

2007年10月09日[10:40:12]
この歳にして、初めて日焼けで皮が剥けたよっ。
遂に、脱皮するのかと。(笑

やっとね、触ると痛いってのが治まってきたのね。
そりゃ、まだ思いっきり触るのは微妙ですが。
でも、皮がぽろぽろぽろぽろ剥けてくるので、邪魔臭くて仕方ない。
日焼けで皮が剥けるのって、こんな感じになるんだねぇ。もうね、首から背中にかけて、ほんとに脱皮しそうな勢いです。
そんな大きく開いてる服着るからじゃって言われたけども、それしかないんだもの仕方ない。
分かったわよ。来年からは、長袖シャツでも羽織って‥。
曇ればいいんだ、曇ればっ。

さて。上のお子と下のお子の誕生日イベントをこの連休にまとめてやった訳で。
お寿司お寿司と煩いお子らに、実家と弟夫婦とみんなでお出かけ。総勢9名で食べに行きました。流石に連休中日の夜は人も多くて、結構待たされたけどさぁ。
翌日、丁度叔母の車の一ヶ月点検があって、それに行ったついでに誕生日プレゼントを買いに。
グローブが要るグローブが要るって言うてた上のお子は、迷わずグローブを。だーがっ。その反対の手には、遊戯王のカードが‥。下のお子を探すと、もうそれはそれは、カードの引き換え券をこれでもかっ!ってくらいに持っててっ。デッキで買わずに単品で持ってやがるので、計算が大変です‥。
まぁ、何とか予算内に落ち着かせて、あれこれ二人とも満足行く買い物ができたようで。今年は二人ともがカード関連に固まってたので、あの広すぎる店内を探し回る手間もなく、かなり楽だった~。けど、またカードを交換だの何だのと、容易に想像のつきそうな喧嘩が起こるんだろうなぁ‥。
そして、キャッチボール、誰が相手するんだ‥。どうぞ、友達とでもやってきておくれ。(笑
連続の週末の連休の割に、色々ありすぎてちっともゆっくりできない。何か、通常の週末より忙しいじゃん。
今週くらいはゆっくりさせてくれ‥。

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

2007年10月05日[20:43:08]
その手にどきどきして
その腕の温かさにほっとして
隣にいることに心地よさを覚える

その言葉も声も
優しく耳に届くから
聞いているとつい、眠くなる

でも、先に寝るのは悔しいから
少しでもその声を長く聞いていたくて
必死の抵抗

何も考えずに
何も見ずに
このままこうしていたれたら
このまま何もかもが
止まってしまえばいいのに

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

痛い‥

2007年10月04日[10:50:35]
二日経った今でも、まだ首から肩甲骨にかけてが痛いです。
もうね、服が当たるのも髪が当たるのも痛い。触ると熱いままなの~。
勿論、首から肩にかけて前も後ろも、きっちり赤く日焼けしてますがねっ。
前もねぇ、鎖骨の下から広範囲が痒いんだけど、触ると痛いの‥。
今年は日焼けしなくて済んだーって思ってたのに、きっちり焼けましたさっ。腕にもしっかり日焼け跡が‥。
これって、やっぱり冷やした方がよかったのかなぁ。
焼けるくらい日差しがきつかったのは、ほんの2時間ほどだったのに‥。ずっと曇っててよっ。

さて。日焼けよりも何よりも。
今年は先生方の配慮により、開会式もかなり短縮してくれて、何とかスムーズに始まった運動会。
一昨年や去年に比べ、上のお子もかなり頑張ってくれたのか、大きな問題もなく進んだの。
流石に二人になると、ゆっくりしてる暇もなくて、1つ置きにビデオを持ってうろうろと。しかも今年は役員だったこともあって、何だかばたばたでゆっくり見てる暇もなく。
あれだよね。ビデオ撮ってると、ちっとも見たって気になれない。今年は撮影係りがあたし一人だったのもあって、ビデオだけでカメラがちっとも撮れなかったんだけども。
そして、下のお子のかけっこの時、他のお母さんと話してて、撮影はおろか見逃してたのは内緒だ。だってね、どれがどれだか分かんないってか、体型がそっくりな子がいて、その子と何度も間違えてたのよっ。まぁ、かけっこの時は、完全に話に集中してたんだけどね‥。
でも、ちゃんとゴールは見たっ。そしてその後、3着だったくせに2着のとこに座って、3着のとこに連れ戻されてたのも見ました。(笑
二人とも、応援合戦もかけっこもリレーもダンスもかなり頑張ってた~。勿論、どっちも何度か引っかかりはありましたが。でも、去年までよりは全然問題ないレベルで、ちゃんと立て直して走ってくれたし踊ってくれたし。うん。よく頑張ってくれた。
日曜日が雨で順延になったため、この日のお昼は給食だったんだけど、終わったらすぐにやってきてうちらのお弁当をつまんでたり。
しっかり食べてきたはずなのに、まだおにぎりとか色々食べた挙句に、しっかりオレンジまで食べて行くお子ら。まぁ、それだけしっかり頑張ったってことで。
これで今年度の役員の仕事は、うちらはほぼ終わりで、ほっと一安心。
つっても、今学期は色々忙しくて、この後すぐに発表会の準備が始まるんだけども。今年は上のお子らはでっかい切り絵の紙芝居をするらしい。当然、お子らだけで間に合わない分は、保護者に回ってくるようで‥。もう一ヶ月の間、ゆっくりはさせてもらえないらしい。
今日は朝からお弁当作って、遠足です。
何だか、ここ一週間、お弁当だらけだ。
先生と顔つき合わせて食べるだけに、手ぇ抜けないじゃんよ‥。
こないだのお弁当は、アスパラとか人参とかを豚肉で巻いたのを余分に作っておいて冷凍してたのを、朝急いで炒めて入れるとか~、今日は昨夜鮭のホイル焼きを余分に作っておいて、それを朝からオーブンで焼くと。やってる間に玉子焼きだのおにぎりだのを用意。
流石に火を使うものを同時にってのはきついけど、片方はオーブンに入れてしまえば放置でいいから、楽~。
ちゃんと冷凍でもない、レトルトでもないもの入れられたっ。
下のお子も今までのちっさなお弁当じゃ足りないって言い出して、二人ともが大人のお弁当の大きさじゃん‥。お陰で、今まで楽だったお弁当が、一気に倍くらいの手間がかかるようになった。
おにぎりも、普通の大人用のおにぎりの大きさで3つ4つとか‥。おかずも今までより2~3品増えたじゃんっ。もうさぁ、朝からあれこれ用意するの、結構大変なんだけども‥。なので、お弁当が必要な時は、数日前からあれこれ使いまわせるメニューが並んでしまう。だって、ちょっとずつストックしてかなきゃ、朝からあれこれできないよっ!(笑
前の晩に冷蔵庫に移して、朝火を入れてちょこちょこっと味付けすればいい状態にして冷凍準備です。ある意味、これも冷凍食品か?(笑
立て続くと、同じものを入れる訳にもいかないんで大変です。

とりあえず、この日焼けをどうにかしてくれーっ。(泣

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

局麻で寝られる女

2007年09月26日[14:18:50]
麻酔入れて即メス入れる医者なんて、大嫌いだーっ!

相変わらず、局部麻酔で眠くなって、半分寝ながら運転して帰ってきた‥。信号待ちでクラクション鳴らされたのも内緒だ。
てかねー、「やっぱり切りましょうか」って簡単に言うなっ。
「それって痛いですよね?」の質問に「針がちょっとちくっとするのと、麻酔液入れる時にちょっと痛いかなぁ。後は麻酔が効くから、切るのも痛くないから」って、大嘘やんっ!!
もうな、何処から突っ込み入れたらいいのか‥。
まず、針。一番細いの選んでくれたらしいけど、思わず叫んだっ。いや、声も出るし、動くさ、そりゃっ。しかも、それに続く液の注入がめっさ痛いっ。ちょっとやないやん‥って思ったさ‥。
しかーもっ。
その痛みもまだ治まらない内に、さくっとメス入れてるしっ。
横についてくれた看護士さんが、「声出していいから、息止めないで~、力入れないで~」って。いや、無理。
息も止まるし、力も入るってばっ。
何が、麻酔入れたら後は痛くないからだよーっ。めっさめさ痛かったっちゅうねんっ。
医者って、嘘つきばっかだっ。
医者の痛くないとか、ちょっととかって、絶対もう二度と信用しねぇ。
そして、この横についてくれてた看護士さん、他の外来のとこにいたはずじゃ‥。(苦笑
だって、あたしが呼ばれた部屋と別のとこにいたもんっ。
いつもこの看護士さんのとこだったから、今日は違うんだ~って思ってたら、来てくれた。(笑
手ぇ握ってましょうか~?って本来の看護士さんから言われて、いや、大丈夫です~って言うてたけど、あたしの悲鳴を聞いて来てくれたんですか‥。絶対、待合にも聞こえてたよな‥。だってさ、ほんっっっっとに痛かったんだもんっ。あれだよ。麻酔の時は、ツベルクリンの痛さを思い出した‥。筋肉注射と張った。(笑
てかね、心の準備しといてね~って、一生準備なんてできません。
けどね、そのままも痛いし、また二の舞したくないし‥。でも、痛いのもやだし‥。どっち選んでも痛いんじゃーんっ。(泣
「じゃぁ、この後一応採血しときますね」
って、切ったとこから血ぃ出てんだから、それ採れよってのはダメなんですかーっ。
けど、これが予想に反して、その前が痛すぎたからか、ちっとも痛くなかった。
頼むから、この血液検査で余計なことが出てこなきゃいいんだけど‥。

もうさぁ、中途半端に免疫機能止めて痛いこととかしんどいこととかになるくらいなら、いっそ、全部止めてしまえば楽になれるんじゃ‥とか。
もぉ、やだーっ。
ここ数ヶ月、痛いこと続きだ‥。
頼むから、メスにも針にもお世話にならないで済む生活がいい‥。
てか、一時間ほど経った今でも、眠い‥。
局部麻酔じゃなくて、別のとこに効いてんじゃないのか‥。

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

忘却

2007年09月24日[06:09:26]
何が哀しかったのか分かんなくなるくらい泣きながら目が覚めることってないですか。
胸が痛いとかって表現で追いつかないくらいに、ぎゅーって痛くて、本気で大泣きしながら目が覚めるとか。
哀しかったのは、そこを懐かしいと感じるからなのか、ここが淋しいと感じるからなのか、それとも全部なのか。

きっとね、9月の30日なんて忘れてんだろうな。
それだけでなく、沢山のこと忘れられてんのかもしれなけどさ、あたしは全部覚えてたよ。
そりゃさ、全部を全部真に受けるほど子供でもないし、おめでたくもないし。
けどね、その言葉に、色んな夢を見たよ。
こうしよう、ああしようって、馬鹿みたいかもしれないけどさ、本気で色々考えてたよ。
冗談を冗談でとれんのかって言われるかもだけど、あたしには冗談じゃなかったんだもの。全部、嬉しかったんだもの。
ずっと、隣で一緒に笑ってられればなって思ってたよ。
初めて、一緒に子供育ててみたいって、みんなで一緒に居たいなぁって思ったのよ。あぁ、この人なら、ほんとに父親になってくれるのかなぁって。


置いてきぼりなんて、慣れてるはずなのに。
いつも、振り回して疲れさせて、気付いたら一人なのな。
正直ね、どうしていいのか分かんないんだ。
そこに居たいって私と、これ以上負担にもなりたくないし迷惑もかけたくないって私と。
前に言われたことがある。
何で、私が幸せにしてあげるからってくらい言えないんだって。
言えないよ。言える訳ないじゃん、そんなこと。
あたしじゃ、負担にしかならないもの。
いつか、思い出になるのかもしれない。
こんな奴も居たね、って。
思い出どころか、忘れ去られるのかもしれない。
それが一番、淋しいかなぁ‥。
実際目の前から消えて、思い出からも記憶からも消えてくの。
記憶に残らない存在ってさ、そこに居なかったのと一緒だよね。


どんなつもりだったか知らないけどさ、来いって行ってくれた言葉、凄く嬉しかったんだ。
一つ一つの言葉がさ、いつもとっても温かくて、あたしは凄く嬉しかったの。
最初から、いつも、いつだって、待ってたよ。


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

私信

2007年09月23日[20:08:52]
ね、ちゃんと話する時間作ってよ。
2ヶ月間も全く時間取れないってことはないよね。
それとも、取れないんじゃなくて、そういうこと?
取る気がないってだけのこと?

もう話する気もなくなったってならそれは仕方ないとして、だったらちゃんと聞かせてよ。
あたし、ずっと聞いてんじゃん。
聞いたことに答えてももらえないの?
やってることと言うてること、全然違うじゃん。
このままじゃ、待ってるのかほっとかれてんのか分かんないよ。


時間、ちゃんと作ってください。

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。