カレンダー
    07 ◇ 2005/08 ◇ 09

    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

プロフィール

    魅月

    Author:魅月
    童話内でひっそりひっそり活動してます。
    海溝の奥深く、深海の底の底でこっそり生息しています。
    連盟は密かにヲタ臭くなってたりします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

いっか、もう。

2005年08月31日[10:51:17]
何となく踏ん切りがつかなかった事項。
きっと、これでいいって思っても、またほんとによかったのかなぁって思うんだろうなぁ、って決めかねてた。
そうだよね。
色々、あれこれと考えてても仕方ない。
ゲームだし。
いいって言ってくれるなら、それでいいのか、と。

お世話をおかけすると思いますが、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

つ~い~にっ

2005年08月30日[22:50:09]
遂にっ。見つけたのっっっ。
フレアリー変身薬っ
日記21

ねっ。ねっ。ね――――っ。
今回は、ちゃんと売り物を買いましたっ。(笑

もうさ、タカが外れた私に怖いものはありませんでした。
てぇかっ。
人形だけで120万とか平気でしてんだから、変身薬が130万って安いわよね?
だからと言って、多分、簡単には使えないと思いますが‥。

後は、水と闇と光‥。あ、木も欲しい。
したらもう、思い残すことは‥。(だから、多すぎ)
精霊に囲まれた状態‥‥。
いいなぁ‥。
頑張って、集めるしかありませんか。そうですか。

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

燃え尽き症候群?

2005年08月29日[23:17:18]
注文されてた衣の引渡しも終わって、何だかちょっと気が抜けた。取り合えずこれで、果たさなきゃならない責任は果たした訳だ。
さて、どうしよう。
しなきゃならないこともなくなって、取り合えず衣の勲章でも目指してみるかなぁとか思いつつ、無駄に掘りまくってる現実。
衣のレベルを上げる前に、細工のレベルを上げなきゃちっとも使い物になるようなものが出なくて。
かと言って、そこに特別な拘りも執着もなくて。
ただ何となく、こなしてるって感じか?
何だか、掘って掘ってやっと集めた原石も、無駄に役立たずな物になって雑貨屋に引き取られていくのに虚しさを感じつつ。


ん~~~~~~~・・・・


最近めっきりと、朝晩が涼しくなって。
嬉しいな~って思うと共に、夏も終わりなんだなぁと。
夏は嫌いなので、終わって嬉しいって思う気持ちの裏側に、何処か淋しい気持ちが。今年の夏は、色々あったってか、ありすぎたからなぁ。
3年前とは違った意味で、濃い夏でした。(笑
夏休みが終わって学校始まったら、また大変な日々が始まるんだろうなぁ‥。
ほんの少し、逃げ出したいかも‥



◆追記・・


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

生産の鬼らしい。

2005年08月28日[11:20:22]
某ランカーさんからの受注をそれとなく終わらせたいらしく、連絡をしてみる。
昨夜遅くに返信があって、深夜に取り引きすることに。

あたしは全く覚えがなかったんですが、どうやら過去にも接触はあったらしい。
防御を基準にバザーに出してるんだけど、回避高いのありませんか?って内緒に在庫からそれらしきものを出すとかってやり取りがあったらしい。改めて、記憶力0な自分に驚き。でもねっ、そんなやり取りがあったことは、何となく覚えてるの。

そして、もっと驚いたのは、その人に課金前から目をつけられてたこと。
「当時から、この人は生産の鬼だ、って思ってました」
って言われてしまいました。
え~っと。
一年以上前、まだまだ衣職人も駆け出しでしたよね?
と言っても、クローズの頃と違って一斉のスタートだったので、結構スタートダッシュはしてる方だったのかも‥。
商人で取り引きだったのに、何故か本体まで引っ張り出すことに。
まぁ、それでばれたんですけどね。
「よくSGでお見かけしてました」
って言われてしまいました。。。
「チャイナさんが居ない今、間違いなく第一人者ですよね」
ってお墨付きまで頂いて‥。
やっぱり、そうなりますか。
でもね、レベル上げよりも売れ筋優先させてるので、多分あたしより上のレベルになってる人は結構いると思うんだけどなぁ。
「マケで見ていても、他と商品が全く違うので、すぐに判ります」
って有り難いお言葉まで頂きました。
「やっぱり、ずっと目をつけてただけのことはあるな」
ですって。
何か、そう言ってもらえると、造ってた甲斐があるな~とか。
今までやってきたこと認めてもらえるのって、ちょっぴりくすぐったいけど嬉しいものですね。
2点お買い上げで、20万とシルク100枚にプラチナ塊と金塊を20個ずつ頂いてしまいました。
これって‥‥次の受注に備えて、ですか?(笑

受注を受けて一ヶ月くらい経つので、もうレベルは75になられてました。
しかも、サブの刀も70‥。
「引っ張りまわす人がいれば、すぐですよ」
ふと、その言葉に微かな痛みと共に脳裏を掠める想い。
そうかもね、と思いつつ、何だか返事が出来ない。「そうですね」って無難な返答。
てか、そのレベルになって「すぐ」ってのはあり得ないだろうよ。
その人、職業は司祭だったんですがね。
「また今度、声かけてお誘いしてみようかな~」
って言葉に、75とかの人に連れてかれるのは、どんなとこなんだろう‥と思ったり。
一歩上の世界を目指してみようかと思ったり、衣の職人を極めてみようかと思ったり、もうどうでもいいわとも思ってみたり。
進む場所は前しかないのに、立ち止まってみたり後ろを振り返ってみたり。
判ってる。時間はいつも、前へと流れてる。
そして、色んな出逢いと別れを繰り返しつつ。
でもね、やっぱり出逢いはよくても別れは嫌だな‥。
あたしがいつも、一歩引いた付き合いをする、一番の理由。


さて。
以下はルパンの突撃イベント中継レポ。(笑



◆追記・・


未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。