カレンダー
    05 ◇ 2017/06 ◇ 07

    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

    魅月

    Author:魅月
    童話内でひっそりひっそり活動してます。
    海溝の奥深く、深海の底の底でこっそり生息しています。
    連盟は密かにヲタ臭くなってたりします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

色んな意味で、いやぁ‥

2007年08月06日[20:52:54]
今回、やばいなぁと思ってたら、やっぱり地雷を踏んだ‥。
流石に観念して病院通ってるけど、完治の見通しはまだまだ先のようで‥。
もうね、毎日、ざくっと1cmくらいかみそりで切って、そこに塩を塗りこむような痛さと戦いつつ‥。いや、流石に泣くっ。余りのことに、先生にも「かなり痛いでしょうねぇ‥」とかって同情されたけど、同情なんて何の気休めにもならないさっ。
塗り薬タイプの表面麻酔剤出されたけど、全く意味なし‥。
勿論、ロキソも何も全く効果なし。唯一、痛みで寝られないのを強制的に1~2時間寝られるようにしてくれるくらい?(笑
てかさぁ、これで誤魔化してイソジンを‥って、ありえねーっ!
水で泣けるくらいなのに、イソジンなんてどう考えても無理だろうに。今、この状態で縫うのもなぁ‥って、結局何の手立てもなく。
帰りに看護師さんに、頑張ってねってお言葉を‥。頑張れねぇ‥。(号泣
つくづく、免疫機能って大事なんだと痛感させられた‥。
酷くなる前に、おかしいとか痛みを感じた時点で病院に‥って、何かもう聞き飽きたような言葉ももらいましたが、その段階なら、ほっとけば治るかもって思うじゃんっ。まーさか、こんな大事になるなんて思ってもみなかったさっ。
今回のは、流石にあたしでも堪えます。刺す系の痛さとか、切る系の痛さとか、神経直撃系の痛さは、耐えるのにも限界があるっ。
スポンサーサイト

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイト色んな意味で、いやぁ‥のトラックバックURLはこちら
  • http://kizumizu.blog21.fc2.com/tb.php/113-6af213ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。