カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    魅月

    Author:魅月
    童話内でひっそりひっそり活動してます。
    海溝の奥深く、深海の底の底でこっそり生息しています。
    連盟は密かにヲタ臭くなってたりします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

最近

2007年10月15日[19:45:17]
熱のせいなのかどうなのか、夢見が悪い。
まぁ、いつもっちゃいつもなんだけども。
車ごと川に落ちて沈んでしまって、どうやっても逃げ出せないとかさぁ。何か、冷静に「あ、落ちてる」って見てる自分と、必死でどうにかしようってもがく自分と。落ちるまでの時間って、案外あるんだなぁとか思ったり。息が出来なくて苦しくて、でもその反面、ここの水飲みたくない~とか思ってたり。車にはあたし一人しかいなくて、助けてって叫んでも水中で叫べるはずもなく。呼んでるんだけどね。
何でここんとこ、どうしようもなく殺されたり死んじゃったりする夢とかばっかなんだ‥。どの夢でも共通してるのは、「どうしようもない」ってことばかり。お子によく、「お母さん最近、寝言で泣いたり怒ったり苦しんだりばっかりだね」って言われるくらいに‥。
後は、目標が何かあって、それを手に入れようとか到達しようとか必死でやってて、それが達成される直前に消えてなくなるとか。後ちょっとなのに、って、でもそのちょっとがどうにもできずにいつも口惜しくて。
寝て起きて、起きて寝てってのを短いサイクルで繰り返すから、こんな夢を一晩に何度も見ては目が覚める。
なぁんかもう、寝てても起きててもしんどいのは一緒じゃ~ん。
相変わらずみんな、てんでで好き勝手なことばっか言うしやるし。知らないよ、もう。

「お母さんを泣かせたり苦しめたりする人から、僕がお母さんを守ってあげるからな」って言うお子に、「あぁ、信用しない」とばっさり。
「え~、何でーっ」の言葉に、もうそれ以上続けたくなかったの。
いつか聞いたその言葉、もう絶対そんな言葉信用しない。
信頼してた後に突きつけられた「救済者じゃない」の言葉。
凄く、痛かった。
今までのこと全部、さくっと否定されたってか、切り捨てられたって言うか。
これまでの時間も関係も、全部なかったことにされたみたいで。
言葉も何もかも、全部をなかったことだと。あたしの夢だったのかなぁって思えたくらいに。
きっと、凄く幸せな夢だったんだろうね。
初めて、家族になりたいって思った人。付き合いたいとか一緒に居たいってとこじゃなく、家族って形で一緒に居たいって思えた人。
この人と一緒に歩いていけて、この人と一緒に過ごしていけて、ずっと一緒に歳をとっていきたいって思った人。
要らないって言われちゃったら、それまでだけど。
また、っていつだよ。
もう少しって、どのくらいのことよ。
何言うてんのか、さっぱり分かんない。分かんないことだらけで、何を信じて待つのかも分かんない。
やっぱり自分でどうにかするしかないんだと、一人でやるしかないんだと。
もういいや。誰も頼らなくても。誰も受け入れなくても。



せめて夢の中くらい、寛がせてくれてもいいじゃない。
せめて夢くらい、望み通りに見させてよ。
せめて夢くらい


スポンサーサイト

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイト最近のトラックバックURLはこちら
  • http://kizumizu.blog21.fc2.com/tb.php/134-91098c65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。