カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    魅月

    Author:魅月
    童話内でひっそりひっそり活動してます。
    海溝の奥深く、深海の底の底でこっそり生息しています。
    連盟は密かにヲタ臭くなってたりします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

2005年12月24日[11:06:36]
とっても温かくて、とっても幸せで、とっても悲しい夢を見た。
凄く胸が痛くて大泣きしながら目が覚めた。
もう起きてから大分経つのに、それでもその余韻が取れない。

夢の中に出てきた人達は、みんな私の全く知らない人ばかり。私だと思われる感情移入してる人でさえ、私の知らない人。
でも、凄く生々しいの。ん~、巧く説明できないんだけど。
あ~、大事にされるってこんな感じなんだ~って思えるくらい、温かで幸せだったのね。あぁ、普通はこんな風に思えるもんなんだ、って素直に思えた。本心からそう思えただけに、そこからの余りに落差のあった展開に、滅茶苦茶泣けた。何となく、自分の中に在る一番大きなトラウマを見せられた気がした。あぁ、こういうことか、って。

先日から、おとんが入院してんのね~。そして今日は、曾祖母の法事。おとんは年内退院は無理らしいし、まだ検査段階なので病状もはっきりしない。病状ってか、原因か。
何となくね、自分が入院しただとか、危篤だとかってのはそうでもないのに、自分以外の入院って嫌なものですね。例えそれが、ずっと折り合いの悪かったおとんだとしても。
ほら、自分が居なくなるかもってのは、確かに怖かったのね。でも、それって主観的な感覚だから、まだ漠然としたものだったのよ。なのに、他人だと客観的って言うか、自分のとこから誰かが居なくなるって感覚は、やっぱり嫌やなぁ。
我が家は、10年くらい前から、2年サイクルで何かが起こってんのね。おかんが脳卒中で倒れたりだとか、祖母が亡くなったりだとか、祖父が亡くなったりだとか、あたしの離婚とか?(笑
今年はあたしがやらかしたので、もう大丈夫かと思ってたのに、ここにきてまただしさぁ。まぁ、今のトコ、あたしが搬送された病院に回されるほどでもないらしいので、大した心配はないのか。でも、あたしと違って、歳も歳やしなぁ。だからあれほど、胸には気をつけろと言ってたのに。

とか言いつつ、法事は12時からなのに、まだ用意もせずにだらだらしてる私。‥‥絶対しばかれる。(笑
あ~、もう。
朝から重い夢を見てしまったせいで、何だかおかしなテンションだわ。凄く気が乗りませんが、やることはしなくては。
スポンサーサイト

未分類 コメント:0 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトのトラックバックURLはこちら
  • http://kizumizu.blog21.fc2.com/tb.php/79-c4c62817
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。