カレンダー
    09 ◇ 2017/10 ◇ 11

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

プロフィール

    魅月

    Author:魅月
    童話内でひっそりひっそり活動してます。
    海溝の奥深く、深海の底の底でこっそり生息しています。
    連盟は密かにヲタ臭くなってたりします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 コメント:- トラックバック:- [Edit]  Top Page.△

ありがとう。

2005年09月04日[11:59:10]
みんな、お祝いの言葉、ご祝儀、変身薬、ありがとう。

ほんとにね、みんなに出逢えてよかったと思ってるし、思ったの。
とっても素敵な面子、とってもあったかい連盟にしてくれて、心からの感謝。

クローズから言うなら、もう一年半以上。この連盟立ち上げて一年未満だけど、たっくさん皆に助けられて支えられて、何とか形だけの盟主として君臨させて頂きました。これも全部、みんなのお陰。言葉で言い尽くせないほどの感謝。

約一年前に色々あって、その中でわざわざここを選んで来てくれたもっちやタクにも多大な感謝。
タクとは結構早い時期に連盟に入ってきたので童話ではこの中で一番古い付き合いになるのかなぁ。あの頃から、色々と無茶を言ってた記憶がありますが。(笑
KNBの、「初代 弄られキャラ」でしたよね。
「タク病」「誤爆キング」と数々の冠を頂くタクは、いつも偉大なお方だと思ってました。鈍った頭をフル活動して読解しなきゃならないタクの打ち込みは、今では慣れたものの、当時、かなりセンセーショナルでしたよね。(笑
一時期、辞めるって言ってたタクを無理から引き止めて、挙句に今日ここに至るとは、予想だにしなかったことですが。

もっちとは、みずもちコンビとして、クローズ時代、よく一緒に散歩したね~。きっかけはあれか。あたしがTVから聞こえてきたおっきーの声に、思わず「手塚‥」と小さく漏らしたのをすかさず拾ったのがもっちでしたわよね。(笑 あれをきっかけにヲタをカミングアウトしたのよね。
一番強烈な思い出としては、あたしの「何度も光の橋事件」を引き起こした某乳の道さんとの飴山ツアー。(笑
あれは、寝ぼけた頭にかなり強烈な思い出としてインプットされました。そして、眠気が軽く飛んだ程の怒りを覚えたのは内緒‥。まぁ、もう時効ですよね。(笑
よく、もっちが西の野原のど真ん中で行き倒れてた光景は、未だに脳裏から離れません。

ハンゲから引っ張ってきたルパンとの、規模の大きな内緒ツールとしてって始めた「深海の宴」。きっとルパンが居なかったら今の深海はなかったと思うのね。あたしのせいで、色々ヤな思いもさせてごめん。タイミング的に、あたしのパソが壊れたのも引き金になったんだろうけど、去年の年末年始はお騒がせさせてしまいました。
ハンゲでひでから紹介されて以来、ページワンだとか麻雀だとかを経て、あたしがこっちに移住してからオープンを機に引き込んだのよね。
腰の重いあたしと違ってアクティブなルパンには、一杯一杯色々助けてもらいました。

そして、同じようにハンゲから引っ張ってきた裂。
半ば強引に拉致するように引き込んで、半年以上引っ張りまわしました。色々と私事でゴタゴタしてた時、文句も言わずに付き合ってくれて有難う。しょっちゅう意識の飛んでたあたしに、時には数時間単位で飛んでた時もあったはずやのに愛想を尽かす訳でもなく、根気良く付き合ってくれたのには驚きと共にどれだけお礼を言っても言い足りないくらい。あの時がなかったら、今こうしてあたしがここに居ることはなかったかも。鰤トークから、くっだらない話から、色々と楽しかったの。本当に、心からの有難う。

最後にふぁん。
クローズの頃からの付き合いでしたが、他連盟に所属してるのを無理から引き込んで悪かった。(笑
思えば、当時からふぁんとは不思議な距離感の付き合いだったのかも。
大して密接に関わってた訳でもなく、かといって疎になる訳でもなく。着かず離れずの距離だったわよね。
何だか、ふぁんとの思い出って言うと、月光しか思い浮かばないのはあたしの気のせいですか?(笑

そして、連盟には居ないけど、童話を通じて知り合った他の人も。
今は居ないけど、オープン当初、毎日晩御飯の話だとか色々主婦&母親話をしてたポピ。ポピと言うと、何故かカレーを思い出してしまいます。(笑

同じく連盟には居ない、泥。
泥とはフォアだとか櫻を通じて知り合ったのね。
酒瓶片手に童話してる様が‥。(笑
フォアにも櫻にも泥にもナスさんにも、沢山お世話になったわよね~。
多大な感謝。

皆に出逢えて皆に助けられて、今の「深海の宴」があると思うの。
ここが居心地がいいって思ってもらえるのは、みんなが居るからだよ。誰一人欠けることなく、皆が居るから。誰もお客さんでなくて、そこに必要な人員なんだよ。「深海」があるから人が来るんでなくて、「みんな」が居るから「深海」が成り立ったの。人を募集する訳でもなく、殆どあたしの独断と偏見のようにメンバーを増やし、と言っても、他の連盟に比べて全然少ないんですがね。でも、少数精鋭でかなり粒揃えだと自慢できると思ってるのね。人を見る目だけは確かだと自負しておりますので。盟主が役に立たない分、構成員で何とか誤魔化そうとしてるのが見え見えなんですが。(笑
忌憚なく話が出来て、それとなく寛げて。
童話を始めて、払ってきた電気代や課金代を全部集めても、それで替えられないくらいの大きな大きな宝物。
うん。あたし、ここに居られてよかったって心から思う。
皆に出逢えたこと、皆と同じ時間を共有できたこと、全部大事な宝物、大事な思い出です。

言葉で言い尽くせないほどの多大な感謝を込めて、心からのありがとう。そして、心からの多謝。


あ。忘れちゃいけないことを忘れるトコでした。
折角の休日に皆を早い時間から起こしておいて、勝手なことして申し訳ありませんでした。
これに関しては、色々な方にご迷惑をおかけ致しました。本当にすみませんでした。
そして、追記って形で申し訳ないんだけど。

個人的に、裂。
あたしの我が儘を聞いてくれて、有難う。
何だか結婚にしても、日取りにしても、全部あたしが押し切ったようになってごめん。
色々とごちゃごちゃとループしてるあたしの我が儘に付き合わせて、ほんとに疲れさせたと思うのね。
どっちが年上だか判んないような大人な対応で、かなり無理させてたと思います。何のかんの言いながら、結局いつも、あたしの言い分を通してたのよね。
「みずねぇ」としてのあたしと「あたし個人」としての両面を一番近い場所でぶつけられたとばっちりは、多分、想像以上にきつかったかと。

最上級のありがとうと、最上級のごめんなさい。
スポンサーサイト

未分類 コメント:1 トラックバック:0 [Edit]  Top Page.△

コメント一覧
この記事へのコメント◇
『管理人のみ閲覧できます』
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/04(日) 16:54:53 | | #[ 編集]
○コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
  • スポンサーサイトありがとう。のトラックバックURLはこちら
  • http://kizumizu.blog21.fc2.com/tb.php/8-f81a05af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。